転職エージェントの活用方法|転職エージェントに活路を見いだせ!

転職活動が成功するか否かは転職エージェントの使い方で決まる!

エージェントの見極め方

便利なサービスを利用できる転職エージェントで、すばやく希望にあった転職先を見つけて転職を成功させるためには、自分自身の努力が必要なのはもちろんですが、転職エージェントの担当者であるキャリアアドバイザーがきちんと対応してくれる人であるかどうかも重要となってきます。

有能な転職エージェントのキャリアアドバイザーが担当になってくれれば、転職活動がとてもうまくいく可能性があります。

どんな人物が有能なキャリアアドバイザーであるか感じるのは個人差もありますが、有能なキャリアアドバイザーに共通することとして「はっきり言ってくれる」というポイントがあります。

たとえば、企業や部署がどんな人材を求めて求人情報を出しているのかをきちんと理解しているため、もしも応募したい求人情報に対して転職者のスキルが見合わないと感じた場合には、採用は難しいということをはっきり伝えてくれます。

採用が難しいと考えられる場合や条件に見合わない求人情報である場合は、はっきりと「無理」と言ってくれる方が採用の見込みのない転職活動をする時間を省くことができ、また自分のキャリアやスキルを見直すきっかけにもなるでしょう。

逆に、転職者にとってあまりうれしくないキャリアアドバイザーである場合、求人を出す企業側がどのような人材を求めているのか、どのようなスキルが必要とされているのかをあまり理解していない可能性が高く、転職者の希望に見合った求人情報をうまく選べません。

職種や希望条件にまったくあわないような求人情報ばかりを斡旋してきて、転職がすぐに決まりそうな求人を次々に出してくるようなキャリアアドバイザーは、残念ながら有能なアドバイザーであるとは言えないでしょう。

求人を出している企業について多少突っ込んだ質問をしてみて、しっかりした回答が返ってこなければ、担当者の交代を検討してみても良いかもしれません。

転職エージェントを有利に活用するのも担当者次第、どうしても担当アドバイザーとあわないと感じたら、転職エージェントの運営元や相談窓口に相談してみましょう。

転職エージェントも人次第

転職エージェントも今では多くの企業が運営しており、運営する企業によって当然利用できるサービスに差は出ますが、サービスの違いだけでなく転職エージェントで担当になったキャリアアドバイザーによっても、転職活動の質に違いが出てきます。

転職エージェントの多くはオンラインでの登録やサービスの利用になりますが、転職に関する希望や条件を伝えて求人情報を斡旋してもらったり、転職活動における相談や交渉代行をおこなったりしてくれるのは、転職エージェントでアドバイザーとして活躍している人です。

つまり、情報の登録や検索はパソコンによってデジタル処理できても、最終的に情報を提供してくれるのは、転職者と同じく人だと言うことですね。

転職者が抱えている悩みや転職に対する条件、希望が千差万別であるように、転職エージェントのキャリアアドバイザーもまた人それぞれ。

転職者ひとりひとりに親身になって相談に乗ってくれるアドバイザーもいれば、残念なことに自分のノルマや契約達成数をこなすことだけを考えて、希望にあわない求人情報ばかり紹介してくるアドバイザーがいることも考えられます。

そんなキャリアアドバイザーはいないことを祈るばかりですが、万が一そのようなキャリアアドバイザーが担当になってしまったら、転職活動もうまくいかないかもしれません。

アドバイザーとの相性もありますが、うまく転職エージェントを利用するためには、転職者自身も受け身にならずアドバイザーと積極的に対話していくことが必要でしょう。(参考:「転職エージェントを最大限活かす【30代の転職をマジメに考えるサイト】

たとえどんなに優秀なキャリアアドバイザーだとしても、転職者がどのような転職先や転職条件を希望しているのかがわからなければ、転職者にピッタリな求人情報を提供することはできませんよね。

ただキャリアアドバイザーの斡旋を待つだけでなく、こちらからも持っているスキルやキャリア、これからの希望をしっかりとアドバイザーに伝えるようにしていくようにしましょう。

ページの先頭へ

まずは知る!

登録してみる!