転職エージェントの活用方法|転職エージェントに活路を見いだせ!

転職活動が成功するか否かは転職エージェントの使い方で決まる!

転職エージェントを利用するメリットはどこにあるのか?

転職エージェントを利用するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

転職エージェントを利用する大きなメリットとして挙げられるのは、転職に関するさまざまな活動をサポートしてくれるということです。

転職というと、転職先の求人情報を探して、その求人にあうような履歴書や職務経歴書を作成し、面接予定を取り付け、勤務条件での交渉などさまざまなことをしなくてはなりません。

しかも前の職場を辞めてしまえばお給料がもらえなくなってしまうわけですから、職場を辞める前に転職活動を開始すれば、働きながら転職活動も並行しなくてはならないため、中には給与面や待遇面などで妥協してしまって満足のいく転職ができなかったと感じる人もいるかもしれません。

転職エージェントを利用すれば、希望の条件にあった求人情報を紹介してもらえたり、転職を希望する企業への面接予約、条件交渉などを代行してもらえたりするので、職場を辞める前に働きながらでも無理せず転職活動ができます。

その他にも履歴書や職務経歴書の書き方の指導、スキルについての客観的な分析やアドバイスなども転職エージェントで利用できるサービスなので、初めて転職活動をするという人や、異業種への転職を希望している人にとっては、転職についてのさまざまな情報を知ることができる便利なサービスとなるかもしれませんね。

また、転職エージェントだけで知ることができる「非公開求人」が出ているということも大きなメリットです。

非公開求人は一般の転職サイトや求人情報誌だけでなく、その求人を出している企業サイトのリクルート情報などにも掲載されていない、まさに非公開な求人情報のことで、転職エージェントなどの限られた場所でしか知ることができません。

転職エージェントを利用しないで転職活動をすれば、その非公開求人には応募できないということになるので、転職エージェントでの転職活動は応募できる求人の幅を広げることにもなります。

転職エージェントのデメリットも知っておこう

転職エージェントはさまざまなサービスを無料で受けられるというたくさんのメリットがありますが、逆に転職エージェントを利用する際のデメリットはあるのでしょうか。

転職エージェントはインターネットなどを通じて気軽に利用できますが、転職エージェントとしてさまざまなサポートをおこなってくれるのは実際にネットの向こうにいる人間です。

そのため、転職エージェントの担当者によっては、意思疎通がうまくいかなかったり、ウマがあわなかったりということも考えられます。

どうしても担当者があわないと感じたときには担当者を交代してもらえるサービスがあれば問題ないかもしれませんが、そうでない転職エージェントもあるでしょう。

相性が悪いと感じるだけでなく、中にはあまり熱心に転職情報を紹介してくれないというエージェントもいるかもしれません。

残念なことですが、相手が人間である以上起こりうる状況です。

では、このようなデメリットをなるべく少なくするためにはどうすれば良いのでしょうか。

転職エージェントのサービスをおこなっている企業は年々増えているので、登録する転職エージェントを1社だけに限定しないことをおすすめします。

1社だけの転職エージェントを利用していると、万が一担当者が転職情報や求人情報を紹介してくれるが遅れた場合、いつまでも情報を待たなければなりません。

しかし複数の転職エージェントを利用していれば、情報を紹介してくれた転職エージェントから順に応募を検討することも可能です。

また他社の転職エージェントを利用していることで、転職エージェントの担当者に競争意識を持たせることもできます。

すべてのエージェントが手を抜いた対応をしているわけではありませんが、なるべく早く転職をしたいと考えているなら、複数の転職エージェントに登録しておいた方が、よりたくさんの求人情報に触れることもできて安心できるかもしれませんね。

またなるべく大手の転職エージェントに登録するようにすれば、サービスやアフターケアの面でも安心です。

ページの先頭へ

まずは知る!

登録してみる!