転職エージェントの活用方法|転職エージェントに活路を見いだせ!

転職活動が成功するか否かは転職エージェントの使い方で決まる!

転職エージェントに登録しよう

転職するには情報を探すことから始まります。自分で探す求人広告などでは情報も限られているので、
まずは転職エージェントを利用することをお勧めします。

転職エージェントには何万社という求人情報を持っていますし、その内容も細分化されているので、
希望する業種、職種を見つけ出すことが比較的簡単にできます。

またまだ転職を迷っている方、自分にむいている分野が何なのか見いだせずにいる方には、
自分にあった適性というのも見つけ出すことができます。

そうした求人情報の提供だけでなく、面接日時等の調整、採用条件等のとりまとめ、
入社日の調整など転職活動の一連の仕事を無料でサポートしてくれるのが転職エージェントの仕事です。

登録はパソコンから登録します。会社によってはパソコンで登録をしておくだけで、
ネット上の求人を見ることができます。

毎日最新の求人案内がメールで届くところもあります。そして気になる求人があった場合は会社に連絡をします。
連絡はパソコンより電話の方が早い場合もあるようです。

パソコンで登録をすると会社から電話がきて、正式に登録に出向く日時を決め、
登録にでむく、という形をとっているところが一般的です。

また、登録会を開いているところもあります。こちらもパソコンから予約できますし、電話でも予約できます。

登録会ではシステムの説明、情報登録のほか、適性審査や面談まで行うところもあります。
正式な登録日には履歴書・職務経歴書・印鑑・証明写真・銀行口座(通帳やカード)・免許書(身分を証明できるもの)を持参します。これはパソコンから入力が済んでいれば不必要なものもあり、会社によっても違うのでよく確認しておきましょう。

一般的に、転職希望者に専任のキャリアコンサルタントがアドバイスを行い、
適性や希望に基づいた詳細な求人情報の提供、職務経歴書の書き方、面接突破のための指導・対策などをおこなってくれます。

さらに内定獲得時には賃金の交渉など自分ではとてもできないことまでエージェントは肩代わりして行ってくれます。

登録の流れを知ろう!

転職エージェントを利用するにはまず登録することから始めます。
一般的な流れは次のようなものです。

1.登録する会社のHPへアクセス
転職エージェントの登録は基本的にインターネットで行います。
各会社のHPへとアクセスして、登録へと進んでください。

2.必要事項を登録
ここで必要事項(住所、氏名、連絡先など)を入力していきます。
また、あなたの職歴や転職先への希望条件なども登録します。

3.エージェントから連絡が来ます
登録が済むとエージェントからメールが届きます。さらにエージェントの担当になるコンサルタントからもメールが届き、
面談日の日程調整をすることになります。

4.エージェントと面談へ
面談日にはエージェント会社に出向くことになります。
そこで自分の職歴、資格、希望業種、希望職種などを書きます。それに基づいて面談が行われます。面談では退職理由なども聞かれますが、企業の面接ではないので正直にありのままに話した方がよいです。それによってエージェントとしてもその人にあった求人を考えてくれますし、状況が把握できるからです。

5.転職活動プランを作る
面談の内容に沿って、その人の適性、キャリアをみながらプランを考えていきます。
その場でコンサルタントが求人を紹介してくれる場合もあります。

6.また、履歴書の書き方、職務経歴書の書き方、面接のテクニックなど指導してくれるところもあります。
その会社で面接で必ず聞かれること、喜ばれる答え方、などの情報も教えてくれるころもあります。

7.専用HPのログイン情報を入手
面談が終わると転職エージェント専用のホームページへのログイン方法(ログインID、パスワード)を教えてくれます。

8.エージェントから求人情報が紹介される
自宅から転職エージェントのホームページの求人案内を見ながら興味のある求人があれば応募をしていきます。
(求人案内には、仕事内容、勤務地、給与などが書かれています。)

9.求人に応募すると面接へと進む
応募した場合、コンサルタントから連絡が入り、条件が整えば面接へと進んでいきます。

10.面接
いよいよ企業との面接になります。
面接では嘘をつかず、自分の考えていることを素直に話しましょう。

11.選考結果の連絡
結果は企業からではなく、コンサルタントから連絡が入ります。

12.内定→入社へ
採用が決まればコンサルタント経由で入社までの手続きを進めていきます。在職中の方は、円満に退社できる方法も教えてくれます。不採用だった場合、その理由も教えてくれます。その経験を踏まえつつ別の会社へのチャレンジとなります。

ページの先頭へ

まずは知る!

登録してみる!