転職エージェントの活用方法|転職エージェントに活路を見いだせ!

転職活動が成功するか否かは転職エージェントの使い方で決まる!

転職エージェントの選び方

転職エージェントに登録しようと思っても、その数はたくさんあるのでどこを選んでいいのか迷ってしまう方が多いと思います。
まず、大きく分けて転職エージェントには、総合型と特化型、地域密着型があります。

総合型というのは、リクナビやマイナビのように大手が運営しているエージェントで、
あらゆるジャンルの求人を扱っているエージェントです。

したがって求人数は圧倒的に多いのが一番の特徴です。
またそれだけ多くの事例も経験してきているので、適切なアドバイスを受けることができます。

またコンサルタントもキャリアを積んだベテランを中心に優秀な人材がそろっています。
まずはこうした転職エージェントに登録して、そのシステムを理解して使い勝手を理解しておくとよいでしょう。

特化型転職エージェントというのは、特定の業界や業種の転職を専門にサポートするエージェントです。

IT系、メディカル系、アパレル系、金融系など細分化しているので、
自分の方向性が決まっている方は特化型を選んだ方が話が早く進みます。

コンサルタントもその業界についての知識が豊富なので、細かいアドバイスが期待できます。
また企業との連携も整っているので、うまくいけばとんとん拍子で転職の道が開けるかもしれません。

地域密着型は、その地域限定の求人です。地元で働きたいという希望が強い方は地域密着型から探すとよいでしょう。

地元の求人なので馴染みのある会社もあるでしょうし、
地理的にもよくわかっている場合が多いので安心です。

エージェントを選ぶ時は1社では他社との比較ができないので、複数社に登録しておくことをお勧めします。その中で自分にあったエージェントをみつけてください。

コンサルタントとの相性や、求人数の豊富さなど、選び方は色々ですが、スピーディな対応をしてくれる、フィードバックもきちんとしてくれる、という点も大きなポイントです。特に転職はタイミングとスピード感が大切です。返事に時間がかかるようなところはNGです。

よいエージェントとの出会いこそがよい転職につながります。

主な転職エージェント

転職の場合、いかに多くの情報を得られるかで勝負が決まるともいえます。
仕事を持ちながら個人での転職活動には限界があります。そんな時力になるのが転職エージェントです。

求人情報を豊富に持っているだけでなく、転職活動のノウハウや転職に向けてのアドバイスなども教えてもらうことができます。

転職のタイミングはいつがいいのか、今の仕事が同業他社と比較してどうなのか、
待遇や給与は同業他社と比べてどうなのか、なかなか得られない情報も持っています。

今の会社が案外恵まれていることに気付かされることだってあるかもしれません。
また自分ではわからなかった、自分に適した職種を見つけることも可能です。

また、転職エージェントは、企業からの求人への応募手続きや面接日程の調整、中には賃金や待遇の交渉までしてくれることもあるので、在職中の方でも時間をさいたりする煩わしさもなく就職活動を進めることができます。

転職エージェントはたくさんあり、どの会社に登録したらよいのか迷ってしまう場合が多いと思います。またコンサルタントとの相性などもあるので、少なくても3~4社に登録しておくとよいでしょう。

主な転職エージェント

*リクルートエージェント・・・
リクルートが運営する転職エージェントサービス。業界最大の取り扱い求人を誇っている。転職に関するノウハウも豊富。

*パソナ・・・
転職エージェントの大手。正社員向けの転職支援に強み。営業、エンジニア、事務など多岐にわたる職種がある。

*マイナビエージェント・・・
大都市圏に強みを持つ。アドバイザーの質が高く、懇切丁寧に指導してくれる。

*アデコ・・・
スイスに本社を置いている外資系エージェント。世界各国に拠点があるので語学力を生かしたい方、外資系に転職を希望している方向け。

*JACリクルートメント・・・
非公開求人を多数抱えている。業界別のコンサルタントがいるので専門分野に強みがある。外資系、海外の求人にも対応。

*type・・・
首都圏でIT系の求人が中心。

ページの先頭へ

まずは知る!

登録してみる!