転職エージェントの活用方法|転職エージェントに活路を見いだせ!

転職活動が成功するか否かは転職エージェントの使い方で決まる!

転職エージェントはなんぞや?

日本における高度経済成長がバブル経済という形で終焉を迎えることとなった。
そして、バブルがはじけ飛んだ後に残ったのは長い不況だ。

今はアベノミクスという錦の御旗のもとに経済は景気回復に一歩ずつ前進している状態だ。それが成功するか、失敗するかは未来の人間でなければ分かりえない。

このバブル崩壊後の日本でとある認識も崩壊した。
それは、終身雇用制度だ。

この終身雇用制度の崩壊によりリストラというサラリーマンにとって最も恐ろしいものが世間に蔓延した。

世界的に名の知れる大企業でさえもリストラという方法を取らなければならない状況になったのだった。

そこで世間には新たな価値観も生まれることとなる。

それまでの終身雇用制度で守られていた時代は転職を行う者、勤続年数が少ないものを貶める風潮があった。

それは今もあるが、終身雇用制度が保証されない現在では昔ほど冷たい目で見られることはなくなった。

これに伴い、世間では転職を行うことをためらわない若者が増えた。
3年以内で就職した企業に見切りをつけるということも若者が厭わなくなってきたのだ。

そうすると、この転職に対応する事業が勢いを持つ。

リストラの嵐が吹き始めた90年代半ばから転職サポート企業が設立され始め、今では数多くの転職サポート企業が存在する。

この転職サポート企業を利用して再出発を迎えた人は多いはずだ。

しかし、この転職サポート企業の以前は転職希望者が発行雑誌を見て転職先を決めるということがメインだった。

インターネットが普及すると、インターネット上に求人を載せて転職を仲介するという方法を取っていた。

その求人サイトでの転職活動も様変わりしてきた。インターネット上で転職サポート企業に登録すると専属のエージェントを付けてくれるというサービスが主流になりつつある。

この専属エージェントは主に転職者に見合う転職先を提供してくれるということにある。
しかも、無料で転職先をあっせんしてくれるのだ。

転職というのはやったことがあるものは経験しただろうが、どうも煩わしいことが多い。まず自分がどのような職業に合っているのか、それに見合う企業はどのくらいあるのか、指定する条件に合う企業を取捨選択する。

雑事ばかりだ。
この雑事を変わりに行ってくれるのが転職エージェントということなのだ。

転職者は面接などの試験に全力を注げるのが転職エージェントが主流になりつつある要因であろう。

転職エージェントの選び方

転職エージェントも転職活動で利用するサービスのひとつとして定着してきていますが、たくさんある転職エージェントの中からどれを選べば自分にピッタリな転職活動が進められるのでしょうか。

当然自分にあった転職エージェントを選ぶことが重要になってきますが、どのような転職先を希望しているかも含めて、ある程度転職エージェントを選ぶ基準を考えておきましょう。

転職エージェントに求めたい第一の条件としては「転職先の求人情報・斡旋情報の質が高いこと」があげられます。

どんなに求人情報を取り扱っている転職エージェントでも、転職先での待遇が悪かったり転職を希望する職種の取り扱いが少なかったりしたら、なかなか転職もうまくいかなさそうですよね。

第二に転職者の希望や条件を理解しながら親身になって相談に乗ってくれ、条件に見合った求人情報を正確に斡旋してくれるエージェントかいるかどうかです。

求人情報の質も転職エージェントの質も、実際に転職エージェントに登録して利用してみるまではわかりませんが、もし希望とまったく違う求人情報を斡旋してくる転職エージェントや、希望の職種が見つからない転職エージェントだった場合は、利用を控えた方が良いかもしれません。

もしも特定の専門職として転職を希望しているなら、職種や専門職に特化した転職エージェントを利用する方法もあります。

専門職の転職エージェントとして代表的なのが医療・看護職専門の転職エージェントで、専門職に特化している分業界や職種について詳しいエージェントが担当してくれることになり、転職にあたっての希望や条件も話しやすいのです。

また職種に特化していることから、その業界からの非公開求人が掲載されやすいということも考えられます。

まずは大手転職エージェントに登録をしてみて転職エージェントを利用するにあたっての方法や雰囲気をつかみ、転職したい職種や業界が決まっているのであれば、そこから専門の転職エージェントを利用する、という流れも悪くありません。

なるべく複数の転職エージェントを利用し、1社だけに絞らないようにすることでたくさんの求人情報を知ることもできます。

ページの先頭へ

まずは知る!

登録してみる!